死ぬまで変わらない?”友情”に乾杯!





あなたには10年以上続いている友達、いや仲間がどれだけいますか?


というよりも、どれだけ残ってますか・・・?


あなたなら、すぐに思い浮かぶはずですよ。
普段あまり連絡取らないけど、何かあればすぐにでも飛んでいくぜ!って思える仲間。
さあ、数えてみましょう。


いち、に、さん・・・。
う〜ん、あとはえ〜と、え〜っと・・・。


もっといるような気がしたんだけど、おかしいな?
え〜と、え〜っと・・・う〜んと・・・。


あぁ、案外少ないかも・・・。
うぅ〜ん・・・、ショック・・・。


そう、仕事関係を抜きで考えるとなかなか・・・残ってませんよね?
そうだと思いますよ。


時が経てば自分の環境は変わっていくし、身のまわりの環境だってどんどん変わっていきます。
そうなると、自分の周りにいる人間、ようするに”友達”も当然、変わっていきます・・・。
たとえば、5年前のことを思い出してみてください・・・。


(*_*)


いいでしょうか?
その当時の友達と現在の友達、まったく一緒ですか?




違うでしょ?
自分に必要でない友達はいつのまにか音信不通になっていき、自分に必要な新たな友達がまた自然と集まっていき・・・。
それを繰り返し、時間は速く、そしてゆっくりと流れていくのです。
なんだか不思議に思えてきますね・・・。


だっていつのまにか友達が入れ替わってるんですよ?
自分の気付かないうちに・・・。
”友達入れ替わり大作戦”が自分の知らないところで進行中・・・。
ブルブルッ!身震いが・・・。




これってめちゃくちゃ恐ろしい事だと思いませんか?
昔の自分を知ってくれている人がまわりに誰ひとりいない・・・。




「ふと気付くと、昔からの友達が誰ひとりいなくなってた・・・。」




うおおっ!想像しただけで恐ろしいです・・・。
自分の歴史を知っている人がまわりにいないなんて・・・。
「自分は一体何をしてきたんだ?
自分は一体何者なんだ?
これからどうすればいいんだ?
うぉぉぉぉぉーー!!!」



あれ?ちょっと行きすぎ?


時代と共にいつのまにか友達が入れ替わっているわけですが、そのままの友達だって当然いますよね。
そう、昔からの変わらない友達ですよ。
ただのくされ縁とも言う人もいるみたいですけどね・・・。イタッ!




じつは先日、1年ぶりに仲間たちと再会したんです。
毎年夏の終わりに開催されるその飲み会、その名も「8・3・1」。(はち・さん・いち)
場所も昔からず〜っと同じ焼き鳥屋。


高校3年生の時の夏休みの最後の日に開催したのが始まりなので、日付を取って「8・3・1」になったというわけです。
あれっ?それって、未成年の頃から・・・?
そんな堅いことは言わないで・・・。
世間にはびこる未成年だけの「暗黙の了解」ってやつですよ。
オトナにはひ・み・つ・ですからね。




さて今年で何回目だと思いますか?
じつに13回目・・・。
13年で13回です。
156月で13回、1092週で13回、4745日で13回・・・。


もういい?


最初は10人以上の大所帯でしたが、ここ5年くらいは5人になりました。
5人が入れ替わることもなく、毎年毎年アツい仲間5人が集結するわけですよ。
そこで気になるのはやはり


「この1年で彼らはどれだけ成長したんだろう・・・。」


ということです。
いやちょっと良く言いすぎかな。


「この1年で自分のしてないこと、知らないことを彼らはどれだけ経験してきたんだろう・・・。」ということです。
まだ良く言いすぎだ・・・。
ようするに




「どれだけ楽しませてくれるネタをつくってきたんだ?」




ということなんです。
ちっ!毎年、いいネタ持ってきやがるぜ・・・。
類は友を呼ぶってやつでしょうか。
いまだにそろいも揃って、いたずらっこ・・・。


少年の心を忘れてないというか、ある意味あの頃のままというか・・・。
そこで繰り広げられるのは「昔こんなことしたよねぇ・・・。」という会話ではないんです。
「最近、こんなことしたんだけど。」って会話ですよ。


昔を懐かしむ、くだらない会ではないんです。
そう、今を生きる会なんです!
(こんな言い方すると宗教っぽいかな?)
前を向いて、しっかり走り続けているんです。
昔はよかった・・・なんて言うやつはいないんです。
もう、アツくて溶けてしまいそうなくらいなんです・・・。
それぞれの環境は変わり続けているし、確実にそれぞれが成長しているんです。
けれども、変わらないものがある・・・。
それが





「友情」





ってやつですよ。


うわぁ〜、久々に聞いたでしょ。
私もちょっと恥ずかしいけど、あなただって赤面してるくせに、ヒューヒュー(>o<)。。。
(顔文字の使い方間違ってる気が・・・)




広島、宮崎、徳島と住んでる場所はバラバラだけどこの先ず〜っと毎年、毎年開催されるんです。
わたしはこんなに楽しい仲間がいてほんと嬉しいし、しあわせです!
自分たちがほんとのおっさんになったときに、昔を懐かしむために集まるのだけは絶対にイヤなんです。




”今をどれだけ楽しんでいるかをアツく、そして楽しく語れる仲間”でありたい。


”悔しい〜、負けてたまるか!と思える仲間”でありたい。


”この先お互いがもっともっとしあわせになって、もっともっとHAPPYな仲間”でありたい。


そうでしょ?
(私以外の仲間4人に問い掛けてますよ!感動?しても返信はいらないからね。)
言うなればこんな感じかな・・・。

聞きたくなったでしょ?ぜひ、レンタルしてみてくださいね。 私の大好きなBON JOVIのアルバム「keep the faith」のジャケット。
わかる人だけわかればいいんです・・・。

このクサさがなんとも素敵です。
関係なくてごめんなさい。。。

離れていく友達、仲間をあえて引き留める必要はないのかもしれません。
何もしなくても自然とついてくるのが友達であり、友情なのかもしれません。
しかし、距離が離れたり、環境が変わったりすると悲しいかな、どんなに友達でも疎遠になっていくのが常だと思いませんか?
でもそれって寂しいですよね・・・。


あぁ、とっても寂しい・・・。
それなら毎年,、例えば夏なら夏で仲間を集めてみてはいかかでしょうか?
そのうち、恒例になって夏が来ると誰からともなく「今年はどうする?」なんて声が出てきますから。
大切なのは気が向いたときに開催するのではなくて、毎年決まった日にすることですよ。


すでに私の脳には夏の終わりに「8・3・1」が開催されることがインプットされてます・・・。




さて、あなたはそろそろ昔の仲間に会いたくなってきたんじゃないですか?
今、何をしているのか知りたくなってきたんじゃないですか?
あっ、もしかして図星・・・?


それなら、すぐにでも連絡してみましょうよ。
さあ、いますぐ電話を持って!
明日にはあなたの、その思いも消えてしまいますよ?
いいんですか?

連絡してはいけない理由なんてないでしょ?
携帯をチラッと見たそこのあなた!


電話しなさい!
命令です!
迷うぐらいなら、なぜメモリー消去してないんですか?


万が一のときに備えて、メモリー残してるんでしょ?
”今”がそのときなんです!
ためらっている場合じゃありませんよ!?


もしあなたが今電話を手にとって、まさに電話をかけようとしているなら、これだけは言わせてください!




あなたのその行動力がこれまでたくさんの友達を築き上げてきたんですよ!


そしてこれから先も、あなたは楽しい仲間に囲まれてしあわせであり続けるのです!


困ったときには必ず誰かが助けてくれます!


だって仲間だから。


仲間ってそんなもんですよ。


ちょっと意味が違う気がするけど、このしあわせ者〜!!!」





ぜひそんなあなたとジョッキを重ね合わせたいものです。
それでは、今日は何に乾杯しましょうか・・・?
んんん・・・やっぱり、今日はこれしかないでしょ。





死ぬまで変わらない”友情”に乾杯!




いやぁ・・・、ちょっと大袈裟過ぎたかな・・・。




じゃあ、ね!







    

よろしければ、あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■