ひとり旅のススメ






ひとり旅って




・・・あなたは、したことありますか?


じつは私、人生の中で一度だけあるんです・・・。
すごいでしょ?


耳を澄ませばあなたの声が聞こえてきそうです・・・。


「別に・・・」
「それがどうかしたの?」
そのとおり、すごくも何ともありません。
よくある話です。




でも不思議なんですよねぇ。
「ひとり旅したことあるよ。」って人に言うと決まって




「すごーいね!」
とか
「いいなぁ〜」
とか言うんです。




何ででしょうかね・・・?
したことのない人からすると、ひとり旅って楽しそうなイメージがあるんでしょうか。
カッコイイとさえ思っているような気がします。
自分にはできないことだから、そんなふうに思うんでしょうか。
一種の憧れ・・・?


しかし、憧れや尊敬の眼差しで見られると何ともおかしな気分になってしまうんですよね・・・。




「さては、何にもわかってないな・・・。」




心でそう、つぶやいてしまうんですよ。


確かにひとり旅が好きな人達はたくさんいます。
バイク乗りなんて
「ちょっとそこまで・・・」
なんてサラッと言っておきながら九州一周してたりしますからね。


それこそ私から言わせると「すっげ〜!!!」の一言ですよ。
”ひとり旅をしたことがある”のと”ひとり旅が好き”なのは、まったく別次元の話なんです。
それは”ひとり旅をしたことがある”人にしか、わからないと思います。




そんなイイもんではないんですよ・・・。
ひとり旅って・・・。




私がしたひとり旅を簡単にお話します。
スルッと流してもらって構いませんからね。




広島から電車に揺られること数時間、着いたのはオシャレの町、神戸。
町の景色とカップルが見事にマッチングしていて、ひとりでいることに強烈な違和感を覚えました。
駅周辺をぐるぐるまわっていると、海のそばにおもしろそうなモノを発見したんですよ。


それは”観覧車”。




まさかひとりで・・・?




はい。



うわぁぁ・・・。




その通り、乗っちゃいました!
そのときの自分を外から見たかったですよ。
「どんな顔して乗ってるんだ!?」って。




そして、ごく普通のビジネスホテルに泊まって次の日は北へ向かうこと、数時間、今度は天の橋立に到着。
観光客にこっそり混ざりながら結構歩いたんですけど、景色はあまり覚えてません。
のんびりした町でしたよ。
泊まったのはユースホステルだったんですけど、その一階がなぜかフランス料理のレストランだったんです。


まさかひとりで・・・?




はい。



うわぁぁ・・・。




その通り、食べちゃいました!


味は覚えてませんけど、絨毯にタバコで焦がしたような跡が何個もあったことを、妙に覚えてます。
次の日は大阪に。
アメ村のそばのたこ焼き食べて帰路についたそんな二泊三日の小さなひとり旅でした。




どうですか?
「うわ〜楽しそう!」と思えますか?
そんなわけないですよね。


明らかに「うわ〜寂しそう・・・」って感じです。


それでも楽しそうと思ってしまうあなたは、きっとひとり旅をするのが好きな人間なんでしょうね。
楽しいわけありませんよ。


知っている人なんて誰ひとりとしていないんですよ?
ナンパでもしない限り、会話する相手もいないんですよ?
へたすると独り言、言いっぱなしですよ?


”ひとり”なんです。




”ひとりぼっち”なんですよ・・・。


たしかに一生の思い出にはなりましたよ。
もう二度とすることはないでしょうから。
自分のココロに誓ったんです。




「ひとり旅なんて、もう二度とするもんか!」




って。


あなたが「ひとり旅してみたいなぁ」と思うとしたら、自分がどんな状況に置かれているときでしょうか?
決してイイ状況ではありませんよね?
というよりも、めちゃくちゃ悪い状況ではないですか?


私も例外ではありませんでした。
いろんなことが重なって、もうここから逃げ出したい!
一時的でもいいから現実逃避してしまいたい!
ひとりになって考えたい・・・




そんな感じでした。
イケてないったらありゃしない。
もう最悪でしたよ。




自分探しの旅とか何とかカッコイイこと言って、結局は逃げてただけだったんですよね・・・。
目の前の現実を受け止めることができてないのに、明るい未来なんて到底あるはずもなく・・・。
なんてバカなんだろうと、つくづく感じましたよ。


でもですね・・・ひとつだけ、たったひとつだけ、ひとり旅をしてわかったことがあるんです。
もし、ひとり旅をしてなかったら、いまだにわかってなかったかもしれません。
カルチャーショックってやつですかね。
それはこんなことでした・・・。




いるのが当然だと思っていたまわりの人達が、じつは”いてくれている”のだと感じたんです!




「ひとりでも生きていけるよ」なんてデカイ口叩いておきながら、じつはまわりの人達に”生かされている”ことに気付いたんです!




そりゃもう、がく然としましたよ。




”生かされている”


だなんて・・・。


早い段階で気付いて良かったと思っていますよ。
そうでなかったら私はたぶん、イヤな奴になっていたでしょうから。
「自分はもう一人前だ」なんて思っていたことが本当に恥ずかしい・・・。
いろんなことを深く考えることができるようになったのは、この頃からなんですよね。


他人を気遣うココロとでも言いましょうか。
思いやりというかココロ遣いというか・・・。



普段は考えることもないでしょうけど何か機会があれば、少しだけでも考えてみてくださいね。
今よりはちょっとだけココロの広い人間になれるはずですから。
少しだけ、ほんの少しだけですけどね。


この先いろんな人と出会っていく中で”必要のないことではない”はずです。
私にとっても、あなたにとってもです。
「生かされている」という感覚をあなたにわかってもらいたいとは思いません。
もしかすると、誤解を招く表現かもしれませんから。
でも・・・、それ以外にイイ言葉が見つからなかったもので・・・。
自分の身の周りをいま一度、よぉく見てみてください。
あなたはひとりではありませんからね。
決してひとりではありませんよ・・・。


ひとり旅の話だったはずなのにどこへ行ってしまったんでしょうね?
話をまとめます。




ひとり旅はオススメしません!!!




あらら・・・。


何かのきっかけになるなら、それもアリですけど一人よりは二人を断然オススメします。
二人で行くのもよし、仲間同志で行くのもよし。
より楽しい方がいいに決まってます!


”旅行”と考えてしまうと、ついつい身構えてしまうので”遊びに行く”と思えば案外、気軽に動けるものです。




空想旅行で得られるのは、豊かな想像力だけですからね。(あっ、それもいいかも・・・?)
所詮、現実にはかないません。


”旅行”するのではなく”遊び”に行けばもっと楽しい事が待ってますよ。
あなたの旅行ネタ、ぜひ聞いてみたいものです・・・。
めちゃめちゃ楽しいことしてそうな気がしてちょっぴりジェラシー、私の知らないことやってるのがなんかクヤシー・・・。




最後にどうしてもひとつだけ、言わせてください。




まわりに人がいてくれることが、どんなにしあわせなことか・・・あなたはもう気付いていますか?」






じゃあ、ね!




と、いいたいとこだけど。
せっかくだし・・・、ひとり旅のいいとこも聞いておきます・・・?


仕方ないなぁ・・・。


ひとり旅はオススメしません!って言ってるのにこの〜”わからずや”!
でもわからずやのそんなあなたにフォーリンLOVE。


いやさすがにこれはオヤジくさいな・・・許してちょんまげ!


そんなことはどうでもいいんです・・・。



「ひとり旅してみよっかな・・・」と思っているあなたのご要望にお答えします。
ひとり旅が気になっているあなたにだけ教えます。




えっ!?そんなこと誰も要望して

ないって?
まぁいいから、聞きなさい!
あらまぁ、なんて強気な発言なんでしょう。
訂正。





これがほんとの”ひとり旅のススメ”!







   ひとり旅のススメ


一度しかひとり旅をしたことがないさるまりくんの、まるで説得力のない


「ひとり旅の心得」


をあなたに教えてしまいます。



これであなたはひとり旅をしようと思わなくなるはず・・・。
あれ?ひとり旅のススメじゃなかったの?
え〜ぃ、おだまりなさい!


あなたが「ひとり旅がおもしろそうだ」と感じることは私の思惑と完全にズレてるんです!
楽しくはないって言ってるでしょ?


まぁ、この心得を聞けばそんな気も失せるとは思いますけど・・・。
では聞いてください。




「ひとり旅の心得」




その1.迷うようなら、やめるべし。


その2.旅の目的とか難しいことは一切考えない。


その3.移動は電車がベスト。飛行機や新幹線は論外。車、バイクもダメ。


その4.2泊3日がベスト。長すぎず短すぎず。


その5.最初の目的地しか決めてはいけない。次の目的地は移動中に考える。


その6.治安の悪い場所はなるべく避ける。


その7.今まで行ったことのない場所にする。”思い出の場所”は絶対禁止。


その8.サスペンスによくでてくる海沿いの崖に似た場所には近づかないほうがよい。


その9.荷物はなるべく少なめに、最小限に抑える。


その10.お土産を買ってはいけない。


その11.吉牛やマックは禁止。チェーン店ではないお店で必ず食事をとる。


その12.写真は撮らない。風景写真などもってのほか。


その13.仕事を辞めた直後が狙い目。


その14.早寝早起きは絶対厳守。


その15.仕事のことを考えてしまうようなら最初から行くな。


その16.ノートとペンは必需品。話をしない分、何か書きたくなる。


その17.CDウォークマンは禁止。音楽で寂しさを紛らわすな。


その18.自分から誰かに電話してはいけない。


その19.メールを無視してはいけない。そこまでする必要なし。


その20.メールの返信は必ずひとり一回。「いまたいへんなことになっているので、落ち着いたら連絡します」


その21.「つまらない」と言葉にした瞬間、旅は終了。即刻帰るべし。


その22.悲劇の主人公になってはいけない。


その23.自分に酔ってしまう瞬間が必ずある。


その24.他人の目を気にしない。誰も見てないって。


その25.自分の行動に苦笑いすることがあっても気付かないふりをする。


その26.自分の独り言に気付いても動揺してはいけない。


その27.ベッドに入った瞬間、寂しさは頂点に。耐えて、耐えて、耐えるべし!



その28.普段しないことをして必ずネタを持ちかえる。






これって心得・・・?
いまいち主旨が見えてこない気がしますが・・・。

まぁ、そんなこと気にしないでくださいよ。
だから何度も言ってるように”オススメはしません”ってことですよ。


それでも行ってみたいですって!?
いやはや、あなたの根性には恐れ入ります。
怖いもの知らずですな・・・。



行くのは構いませんけど、さすがに最初の宿ぐらいは予約しておかないと・・・。
野宿するハメにでもなったら大変ですからね。


いま、行く気になっているならすぐに予約してしまった方がいいかもしれません。
しかも数日後の予約を・・・。
キャンセル料が発生してしまうギリギリの日を予約するのがベストでしょう。
あとにはひけませんからね・・・。


1ヶ月後の予約をしたって絶対だめですよ?
そんなに長い準備期間は必要ないでしょ?
キャンセルするのは目に見えてます・・・。
それならそれで、いいのかもしれませんけどね。
宿泊料金が高いか安いかはあまり関係ないので、安いにこしたことはないでしょう。
そして場所ですが・・・電車で5〜6時間ぐらいの場所がベストかな・・・?




国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」でいろいろと調べてみるといいでしょう。
宿なし、ひとり旅は超危険・・・。


寂しさが限界に達することまちがいなし。
そのあたりは気をつけたほうがいいですね。。。


では健闘を祈ります!





じゃあ、ね!


    

あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■