この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜Vo.1


「行くことが目的?NO!旅をするなら目的地よりもまず、
○○を決めなきゃ!」






言っておきますけど、このページ、すっごく自信あり!

全部読むと最後にじつは・・・


それは読んでからのお楽しみ。


では、ごゆっくりどうぞ・・・。






この夏、最大でとびっきりのワクワクどきどき!
身も心も、天までぶっちぎり!
ビヨ〜ン。
さらに・・・、ここで重大なお知らせがあります・・・。


3ヶ月に渡り、あれやこれやと練り込んできた”プラン”いや、”プロジェクト”が遂に始動!
イエ〜イ!!!


誰でもできそうだけど、案外できない・・・。


したいと思っても、実際にすることはたぶん・・・、ない。


そんなお金はあっても、そんな時間はおそらく・・・、ない。




ん!?
さぁ、いったい何だと思いますか・・・?
うぉぉぉぉ〜!!!しあわせの渦、そして感動の嵐!
涙、涙の物語!


そして、完結。


「えっ!?ちょっと待って。終わっちゃったの!?」


はい、終わりました。
終了。




あっ!




という間に、終わってしまいました・・・。


あぁぁぁぁ・・・。
楽しいことって何でこんなにも早く過ぎ去ってしまうのでしょう。
あまりに早すぎて




あっ!という間に・・・




すいません、少々くどかったみたいですね・・・。
コレ↑今私の中でマイブームなものですから・・・。
どうかこんな中途半端なところで読むのを中断しないでくださいね・・・。


というわけで、この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜が始まるわけですが、あなたもお気づきのとおり、
ようするに・・・、「旅!」のお話です。
さらに!


「旅行」ではありません・・・。
あくまでも




「旅」・・・。


たとえば
「かわいい子には”旅”をさせよ」って言葉、あなたも聞いたことあるでしょ?
なんだかワクワクどきどきの大冒険が始まりそうな予感がしますよね・・・。


ところが、
「かわいい子には”旅行”をさせよ」。


んん・・・、なんだかきれいすぎて興味がそそられない・・・。
たぶん、普通におもしろい旅行ではあるんでしょうけど。。。
私のは、旅行ではなく、旅のお話・・・。


まるまる1週間の旅ですよ。
1週間、7日。


長いと思いますか?
それとも短いと思いますか?
まぁ、別にどちらでもない、わりと普通って感じですよね・・・。
が、しかし!


”移動はすべて車!”だとすると、どうでしょう・・・?
1週間の旅って、けっこう長いと思いませんか・・・?


1週間まるまる使って国内、しかもわりと近場を車で旅するってそんな器用なこと、なかなかできないでしょ?


たぶん普通の人なら、しようとも思わないはず・・・。
たとえば1週間かけて各地の観光地を巡るとしたら・・・?
楽しさよりも疲労感のほうが・・・。


想像するだけでぐったり疲れてしまいそうです・・・。
私は1週間もかけて観光地巡りだなんて、そんなことしません。
普通に観光したところで、たいしたネタにもならないだろうし・・・。


私にはきちんとした目的があったのです。
目的があるから、その地を訪れたのです。
そこでしてみたいことがあるからこそ、その地へ足を踏み入れたのです!
なんだか大袈裟だな。。。
楽しいことをするためには、どうしてもそこへ行く必要があったのです!
そこに行かないと、できないから!


すいません、ちょっと大袈裟すぎました・・・。


私にとっては
”行くことが目的ではない!”のです・・・。


ん?
だってそうでしょ?
行くことを目的とするのは、”旅行”と言います。
そうじゃないんですよ。
私は




”目的があるから行く”




のです。


この何とも微妙な違い、わかってもらえるとうれしいのですが・・・。
”目的を達成するために、そこに行く”んですよ・・・。


たとえばですね・・・、



”大阪に行くから、たこ焼きを食べる!”

のではなく、

”たこ焼きを食べたいから、大阪に行く!”


のです・・・。


”神戸に行くから、ショッピングする!”
のではなく、
”ショッピングしたいから、神戸に行く!
のです・・・。


目的のないまま、各地をブラブラすることが悪いとは言いません。
そういう楽しみ方もおおいにアリです。
2泊3日ぐらいの旅なら十分楽しいでしょう。
でも1週間ブラブラって・・・。
私にはちょっとできそうにありません。


旅をするなら目的地よりもまず、目的を決める!


そうこなくっちゃ!
私にとっては、「何処に行ったか?」よりも「何をしたのか?」「何を感じたのか?」の方が重要なのです。


あなたも「何処に行ったか?」を聞くよりも「何をしたのか?」を聞くほうが楽しいはず・・・。
「どんなしあわせを感じたのか?」を聞きたいはず・・・。
と勝手に仮定したところで・・・。




誰でもできそうだけど、案外できない・・・。


したいと思っても、実際にすることはたぶん・・・、ない。


そんなお金はあっても、そんな時間はおそらく・・・、ない。




そんなワクワクどきどきまるまる1週間の旅。
とにかくいろんなことを学びました・・・。
別に勉強したわけではありません。
遊びまくり!
でも本当にたくさんのことを学びました・・・。
それを今回からお話していきます。
たった1週間のことですが、
「この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜」はおそらく長くなります。


1ヶ月以上に及ぶかもしれません。
いつ終了するか予定は未定です。
昔、キャプテン翼で1年以上ず〜っと決勝戦(南葛VS東邦)やってたみたいに・・・。
ドラゴンボールで悟空が1年以上同じ奴と戦っていたみたいに・・・。
それほどまでにもう、伸ばしに伸ばします!うそ


「そんなにネタがないんですか?」
っていう方もいるかもしれません。
そう、そのとおり!




ず・ぼ・し!




ってあなた、ちょっとそんな失礼な・・・。
違いますよ。


それだけいろんなことを学んだということです・・・。


そんなわけでとりあえずコレ↓をご覧ください。

しあわせな旅の長い道のり

地図です。
中四国、関西あたりの・・・。
赤い線が今回の旅の足跡で、黄色い●が各ポイントといったところです。
線と線を点で結んでみただけなんですけど・・・。
約1500km。
なかなかの距離です。
さてこの地図、何に見えますか・・・?
あなたはこの地図を見て何を想像しますか・・・?


じつは私には不思議なものが見えるんですよ・・・。




「雪男」・・・。




えっ!?何?


聞こえないけど?




うぉぉ!雪男!
しかもブラジャーつけてる!
さらには、左胸に穴が開いてるしっ!


そうなんです、なぜか雪男に見えてしまった私・・・。
あなたにも見えます?


これは偶然か必然か?
次回まず最初にお話しするのは夏なのにスノーボードのお話・・・。


なぜ雪男に見えてしまったのか、その謎も明らかにします・・・。
では次回、乞うご期待!


もっともっとしあわせを感じるために。
もっともっとしあわせを感じたいあなたに贈ります・・・。



じゃあ、ね!




あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■





 この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜Vo.2


「夏なのにココは冬!?ハルウララもびっくり!
心とはうらはらに夏つらら」






さて・・・、問題となっているこの画像↓・・・。




もう一度あなたにお聞きします。
「何に見えますか・・・?」


やっぱり私には”左胸に穴の開いたブラジャーをつけている雪男”にしか見えません・・・。
なぜでしょう?


私は考えました・・・。
なぜ雪男?
私は遠い記憶を辿ってみたのです・・・。
こんな形の雪男がきっと、いたに違いない・・・。(ブラジャーは無視)
そして、思い当たるフシが・・・。




あった・・・。




それは、ん〜、怪獣。


さらにそいつは、ウルトラマンに出てた気がする・・・。
たぶん仮面ライダーではない・・・。


うぅ〜〜〜ん・・・。


そこで調べてみたところ・・・、発見!
大発見!!!




コイツだ!コイツに間違いない!!!




コイツが脳裏をかすめたから、地図が雪男に見えたんだ!!!
犯人はコイツだ!

ウルトラマンに登場したしあわせな怪獣ですよ、その名も伝説怪獣ウー



マジで!?
だから何なんだ!?
まぼろしの雪山って何なんだ?


一体、旅と何の関係があるというのか?
いやぁ・・・、まったく関係ないです・・・。
こりゃ先が思いやられますなぁ・・・。


しかし、これだけは言えますよ。
あぁ〜、スッキリ。
ほんと、スッキリ気分爽快。


「あの人の名前何だっけ?忘れた・・・。え〜と、え〜っと、あっ!思い出した!」


あの感覚の10倍くらいスッキリ。
だって、あるひとつの発想の原点を探り、その正体を突き止めたのですから・・・。


いわゆるルーツを探ってみたというわけです・・・。


おっと、なんだか旅らしくなってきましたね・・・。
それでは本題に入ります。


8月上旬の夏、真っ只中。
この旅で1番最初にしたこと、それは・・・、




「スノーボード!」




ん!?


すでに私のおバカ具合がバレてしまいそうですね・・・。
夏だけど、どうしても冬が堪能したかったんです・・・。
夏なのに冬を感じたかったんです・・・。


というわけで私はまず初めに、愛媛県のアクロス重信というところに行きました!


しあわせに滑ろうアクロス



ところが、そこでまず初めの失敗。
私はものすごい勘違いをしていました・・・。
「夏だし、わざわざウェアの上下を持っていく必要はないな。上はトレーナーで十分でしょ。」
そう思っていたので、ウェアは下だけ持って行きました。


が、しかし!


入った瞬間・・・、さむっ!!!
寒いっ!
息が白い!


しまった!やってしまった!


そうなんです。
夏というのは、まったく関係ないんです・・・。
外は確かに30℃をこえています。


でも中は0℃か、それ以下・・・。


中の温度は1年中変わりません。
考えれば当たり前のことなんですが・・・。


人口雪だって本物!(たぶん)。
スキー場でブォォォと飛ばしているあれと同じ(たぶん)。
本物の人口雪が敷き詰められているわけですから、それが溶けないようにするには0℃以下でないと・・・。


つららができているくらいですからね・・・。
いやぁ、まいりました・・・。
うっかり夏という響きに騙されました・・・。


とはいえ、2、3枚Tシャツを着込んで、気を取り直して、いざ出陣!
エスカレーターで上まで登っていくわけですよ。
リフトの代わりですね。


そして、滑り降りる!
えいやぁ!
おぉ、感は鈍ってないみたいだなぁ・・・と思っているのもつかの間、はい到着。
あらっ?




もう下まで滑ってしまったのか?
み、短い・・・。
そう、これが2つ目の失敗。


アクロスは”国内最大級の屋内ゲレンデ”というキャッチフレーズからもわかるように、かなり規模は大きいのです。




本来ならデカい!
はずなんですけど・・・。




残念。
あらっ?
そんなに大きくもないぞ・・・。
むしろ、小さい・・・。
それもそのはず、私は屋内ゲレンデと何を比較していたか?




雪山・・・。




あららら・・・。
私がココで本来比較するべきなのは、小規模の屋内ゲレンデ・・・。
わかっていたはずなのに・・・。


頭ではわかっていても、どうやら体はわかってくれなかったみたいです・・・。
屋内ゲレンデとしてはかなり大きいほうなのに、私はどうしても”雪山”と比較してしまったのです・・・。
あぁ・・・。
比較対象を間違えたので、大きいはずのものが小さく見えてしまったのです・・・。


私はやはり、小規模の屋内ゲレンデを経験しておくべきでした・・・。
それなりに楽しかったものの、やはり”それなり”・・・。


満喫度70%といったところでしょうか・・・。
失敗です。
反省・・・。


比較する際はくれぐれも気をつけてください。
無意識に比較してしまう時は、なおさらですよ・・・。


では、もう1つ別の例を挙げます。
ちょっと話をややこしくしてしまうかもしれませんが・・・。
混乱しないでくださいね・・・。




たとえば・・・、1つ1,000円のミルクチョコレートがあるとします。
これを食べて、その価値って本当にわかるものなのでしょうか・・・?


言葉では「おぉ〜・・・、さすが1,000円!まろやかさが違うし、コクが違う、深みのある味だねぇ・・・。」
とついつい言ってしまうかもしれません。
でも実際のところ、どうなんでしょう?


たぶん本心では「これが1,000円?何が違うんだ?おいしいことには違いないんだけど・・・。」
ちょっと複雑な心境になるのではないでしょうか・・・?


1,000円のチョコ1つだけだと、その価値も半減?いやそれ以下になってしまうのですよ・・・。
ではどうすればいいのでしょうか?




100円のミルクチョコレートを食べた後に、1,000円のミルクチョコレートを食べるんです!




どう?


100円のチョコを食べた、ただそれだけのことなのに・・・。
2つのチョコはまったくの別物で、1,000円の方が格段においしい!ということがきっとわかるはずです。


1,000円のチョコが1,000円以上の価値を生み出すのですよ・・・。


私も小規模の屋内ゲレンデに行っておけば、アクロスのスゴさがわかったはずなのに・・・。
雪山と比較したって、そりゃ無理な話ですよね・・・。


それは似ているけど完全に別物だし・・・。
私はつまり
”1,000円のチョコ”と”1,000円のチョコをたっぷり使ったガトーショコラ”を比較してしまったということですかね・・・。


くれぐれも比較対象をまちがえてはいけませんよ。
新しい経験をする時に必要なのは、想像力ではありません。
過去の経験がものを言います。


どの経験を引っ張り出してくるか、どの経験と比較するかでしあわせの度合いが変わってきます・・・。


体はとても正直です。
やはりしあわせは体で感じ、心で感じるものなんでしょうね・・・。
いくら考えてみたところで、想像は想像でしかありません。
どれだけ想像を現実に出来るか!?
それが、もっともっとしあわせになるための1つの条件ですからね・・・。




もっともっとしあわせを感じるために。
もっともっとしあわせを感じたいあなたに贈ります・・・。



じゃあ、ね!


あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■





 この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜Vo.3


「驚きのラジオ体操!早朝に学ぶ当たり前のしあわせとは?」






さて、夏なのにスノーボードを満喫?した私が次に向かったのは、愛媛県の松山市。
パーキングを探していたら、なんと!
信じられない看板を発見・・・。
かつてこんなの料金、見たことありません・・・。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

しあわせなパーキング看板



マジで?




青空パーキングでもないのに?


30分50円?


あ、ありえない・・・。
しかもその下をよく見ると
”麻雀ご利用の方は6時間迄無料”って書いてあるし!
麻雀する人なら6時間無料?


いったい、なぜゆえに麻雀?
どういうことなんだ!?
うぅ・・・、なんてめちゃくちゃな・・・。
これで商売が成り立つなんて・・・、すごいところだ、松山・・・。


それはまぁよしとして、このパーキングのおっちゃんがなんとも素晴らしい?わけですよ。
松山について尋ねたらしゃべるわ、しゃべるわ、もう止まらない。


10分以上続くしゃべりを聞かされもう、ぐったり。。。
ありがた迷惑とはまさに、この事ですね・・・。
まぁ、そのおかげでおいしい釜飯にありつけたんですけどね。
おっちゃんの話によると「道後温泉は、夜遅くなるとお湯が汚いから止めておけ。」とのことでした。
(松山市のすぐ近くに、かの有名な道後温泉があります)
なるほど。。。


それから寝た状態で1〜2時間入るのが道後温泉の入り方らしい・・・。
どうやらそれぞれの温泉によってBESTな温泉の入り方というものが存在しているみたいですね。
おっちゃんの勝手な意見、そして独断と偏見でないことを祈るばかりです・・・。


1日目終了。


2日目、松山から徳島へ。
四国を左から右へ、四国横断と言ったところでしょうか。
さあ!早起きしてLet’s GO!


いざ、快調に走り始めたわけですよ。
どれだけの時間が経ったかは定かではありませんが、何気にふと時間を見ると早朝6時30分・・・。
あらっ?
ちょっと待てよ?




6時30分と言えば、もしかして・・・?




小学生御用達、





ラジオ体操



の時間ではないですか。。。


うわぁぁ〜、懐かしい〜。
こりゃ、車なんか運転してる場合じゃないぞ・・・。
ラジオ体操しなきゃ・・・。


すかさず車から降りて1、2、3、4、5、6、7、8・・・。
ん〜、なんて気持ちのいい朝なんだ!


♪す〜ば〜らし〜い、あ〜さが来た♪


うぉ〜、ラジオよ、確かにあんたの言うとおりだ〜!
イェイ、イェイ、イェイ!
ちなみに頭上の電線にカラスが飛んできてカァ〜カァ〜と鳴いてました。
「おいおい、こんなとこで何やってんだ?」
とでも言いたかったのかもしれませんね。
チッ!


何年ぶりでしょうか・・・。
運動会、体育祭なんかでラジオ体操したような気はするけど、6時30分のラジオ体操はたぶん、小学生以来・・・?
いや、それは言い過ぎかもしれないな。。。
最後にラジオ体操したのがいつだったか、完全に記憶が飛んでます・・・。
とはいえ、本当に久しぶりにラジオ体操したわけですよ。
ところが・・・、




ショック!
ショック!ショック!ショック!!!




何がショックって、



ラジオ体操の声が”おっちゃん”から”おねえちゃん”に交代してる!!!




おねえちゃん、あんた一体誰なんだ!?


いや、おねえちゃんではなくて、もしかするとおばちゃんかもしれないな・・・。
さらに・・・、




「今日は京都からお送り致しました。明日は新潟からお届けします!」




って、ちょっと・・・、移動しすぎだろ。。。
もしかして1人ではなくて、各地にラジオ体操の声の人がスタンバイしているのか?
どうなっているんだ、ラジオ体操!?


声が代わっていたこと、知ってました?
たまたま違う人だったのだろうか・・・。
いつから・・・?
ラジオ体操の声のおっちゃん、さすがにもう引退したのだろうか・・・。
それとも・・・。


声が違うだけなのに、ものすごく違和感がありました。
いやぁ〜、時代の流れを感じます・・・。


”当たり前”だと思っていた事が、じつは”当たり前ではなかった”・・・。
ある意味、これは”カルチャーショック”ですよ。(大袈裟な話になってきました・・・。)
たしかに、ラジオ体操の声が代わったからといって、私の人生が変わるわけではありません。
たいしたことではありませんよ。
が、しかし!


世の中には「当たり前だと思っている事が、じつは当たり前ではない」ことが、たっくさんあるわけですよ。
でしょ?


家族。


恋人。


友達。


仕事。


その他いろいろ・・・。


あなたを取り巻く環境は、あなたにとってほんとに”当たり前”なのでしょうか・・・?




自分の生活に密着すればするほど、当然のようにそれは、”当たり前”になっていきます。
しかし、悲しいことに”当たり前”になればなるほど、それについて考えなくなってしまう・・・。
いや、わざわざ考える必要がないから、”当たり前”なのかもしれません・・・。




”当たり前”になるから、考えなくなるのだろうか・・・?
それとも、
考えなくていいから、”当たり前”になるのだろうか・・・?




ん〜、深い、そして難しい・・・。
しかし、その発想はあくまでも普通の発想。
誰にでもできるそれこそ”当たり前”の発想ですよ・・・。
私ならどうするか?
それは・・・、




当たり前だからこそ、考える!


当たり前だからこそ、今一度よぉ〜く考える!





コレってかなり難しいことだと思うんです・・・。
きっかけがないと・・・。
しかも良くないきっかけ・・・。
たとえば子供が非行に走りそうだとか、恋人に別れ話を告げられるだとか、友達に裏切られるだとか、会社でリストラの噂を聞くだとか、何か良くないきっかけがないと考えることができない・・・。
人ってそんなもんだと思います。


なかなかうまくはいきませんよね?
でも・・・何かが起こってからでは遅いんです!
手遅れになってしまうかもしれません。


「当たり前だと思っている事が、じつは当たり前ではない」ということを強く心に感じてください!
”当たり前のしあわせ”を今一度考えてみてください!




当たり前が当たり前でなくなる時、人はやさしくなれます。


当たり前が当たり前でなくなる時、人は気遣うことができるようになります。


当たり前が当たり前でなくなる時、人は思いやりが持てるようになります。





でも・・・、それでは遅いですよね?




当たり前にやさしくなってください!


当たり前に気遣ってください!


当たり前に思いやってください!





それでこそ、当たり前のしあわせを感じることができるというものです・・・。
あれ?ラジオ体操の話がいつのまにか・・・ヽ(´▽`)/


それでは次回、またお会いしましょう!


もっともっとしあわせを感じるために。
もっともっとしあわせを感じたいあなたに贈ります・・・。



じゃあ、ね!


あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■





 この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜Vo.4


「たっぷりと愛情と皮肉をこめて、言います。
無駄なこと、やっぱり大好きです!」






さて話がなかなか先に進まないのも、困ったものです・・・。
季節感を完全に失いつつあります・・・。
UPしているのは9月なのに、まだ8月の話をしているのですから・・・。
しかし、そんなことはお構いなしで完全無視!


2日目、松山から徳島へと四国横断したわけですが、やはり徳島は変わったところ、いやいいところですね。
まずは”小松海岸海水浴場”にという所に行ったのですが、警備員が駐車場整備しているにもかかわらず駐車代


タダ。


おまけにシャワーも


無料で


浴び放題。


ありえない・・・。




ファミリーやら若者やらで、おおにぎわいの海水浴場だというのに・・・。
おまけに「そこに置いて。」と言い、海からあがってくるサーファーやらボディボーダーの板をキレイに洗ってくれる風変わりなおっちゃんまでいたし・・・。
(サングラスしてタオルをやたら体に巻きつけていた)
台風の後だったので海はかなり汚れていましたが、波はさすがにいい!
夕方まで波を堪能し、私は友達の家へと向かったのです・・・。
ブ〜ンと。


いやぁ、友達って本当にありがたいですよね。
遠くにいても、やはり友達は友達。
家に着くと、Welcome!と書かれた黒板。。。
さらにそのまわりには、風船が。。。


いやぁ、本当にうれしくて、うっかり危ないところでしたよ。
うるうる・・・。


不覚にも感動してしまうところでした。(これしきのことで感動させられるのは正直、悔しい・・・)
たくさんの風船を膨らましているところを想像すると・・・、うっ!


あれだけの風船を膨らますには、かなりの体力を消耗するはず・・・。
やはり、悔しい・・・。
私が感動して喜ぶのをわかってそんなことするなんて、さすが親友。




わかってらっしゃる・・・。




夜は裏庭でバーベキューパーティー!
登場したのは新品まっさらのバーベキューセット。
この日のためにいや、この日のためだけに用意してくれたみたいです。。。
たぶん、今後使うことはないはず・・・。
にもかかわらず私のわがままを聞いてくれるなんて、さすが・・・。
さらにいい肉まで用意してくれるなんて、さすが・・・。




わかってらっしゃる・・・。




えっ!?
明日のためにクーラーボックスと日除けテントまで買ったって?
だって今回しか使わないでしょ?
なのに、そんなものまで用意したって?
別になくてもよかったのに?
いやぁ、1回の遊びに賭ける情熱、さすが。。。




わかってらっしゃる・・・




この”わかってらっしゃる親友”が旅立ってもう1年が過ぎようとしているんですよね。。。


その他、今回彼が用意してくれたものは数知れず・・・。
わざわざ1回の遊びのためだけにいろいろ考えて、動いて、準備して、用意してくれてほんと、感謝です!


ありがとう!
あんたに言ってるんですよ・・・。
そこのあ・ん・た!
あんたに言ってるんです!
聞いてくれてますか?
だからぁ。。。
そこの、   あ  ん  た   !!!
恥ずかしいからあんまり言わせんなよ・・・。
なんてね。
ほんとありがと。


さて、これらのことは面倒くさがり屋さんには到底、真似できないでしょうし、合理的な人にはまず理解できないでしょう。
だって”絶対にしないといけない事ではない”わけですから・・・。
普通にサラッと迎えることだってできるわけです。


本来、そのためにわざわざ時間を割く必要もないし、お金を使う必要もないわけですよ。
しなきゃしないで何とかなるし、今あるもので済ますことだってできるわけです。
にも、かかわらず!
彼は忙しい中、私のためにわざわざ時間を割き、あれやこれやして私を迎えてくれたのです・・・。


遠くから、はるばる友達がやって来たから?
ん〜・・・、まぁそれも正解かな。
でも・・・、それよりもっと大きな理由があるはず。。。
なぜ、彼はわざわざ時間を割き、あれやこれやしてくれたのでしょう?


ゲスト(客人)に対して、失礼だから?


義務だから?


責任があるから?


いいとこ見せたいから?


何となく、そうしたいから?




違います・・・。




”どうすれば、もっと自分が楽しくなれるか、どうすればもっと相手を楽しませることができるか”
を無意識のうちに追求してしまうから。



ではないでしょうか・・・。


意識なんてしてません、あくまでも無意識。
張り切りすぎて失敗することもあるかもしれないけど、それでもこの”無意識の想い”が消えることはないことでしょう。


”彼”も”私”も、願わくは”あなた”も・・・。




人にはこんな2つの考え方があります。


1.ある出来事を「
日常の延長線上」として捉える。
2.ある出来事を
「とびっきりのスペシャル行事」として捉える。


何をするにも日常の延長線上としか考えることのできない人に、私の考え方を理解することは不可能でしょう。


だって・・・。
私はどんな些細なことでも「とびっきりのスペシャル行事」にしてしまいますから・・・。
フフッ。
そして、”ある出来事を「とびっきりのスペシャル行事」として捉える人間”には共通していることがあります。
それは・・・、




とにかく無駄が多い!




ん!?
ちょっと違うな・・・。
あっ、いい言葉を思いついた・・・。
”とにかく無駄が多い”のではなく、




生きた無駄遣いが多い!




生きた無駄遣い
・・・、なかなかいい言葉でしょ?
それは
時間であり、労力であり、お金であり・・・。
世の中には、してもしなくても、どちらでもいい事ってたくさんありますよね?
そんな時、人はたいてい
”しない”方を選ぶものです・・・。
もしかしたら、あなたもそうかもしれませんね。


しかし少数派ではありますが、あえて
”する”方を選ぶ人も、いるわけですよ・・・。
(たとえば私みたいな人間)
もっともっと楽しむために無意識のうちに”生きた無駄遣い”をしまくっている人がいるわけですよ・・・。
ここであなたに質問。




生きた無駄遣いをしまくっている人達は、さてどんな人間だと思いますか?




答えはもうおわかりですよね。
しあわせな人間。


「ちっ、またそれかよ・・・。」
お〜っと、そんなこと言っちゃダメダメ!


生きた無駄遣いができる人ほど、あれやこれや楽しいことを知ってます。
ただでさえ、いろんな楽しい事知ってます。
にもかかわらず、さらに!


本来なら普通であるはずの出来事を、めちゃくちゃ楽しい出来事に変える力を持っているのです・・・。
そんな人が、しあわせでないはずがありませんよね・・・?


どうでしょう?
無駄なことしてみませんか?
無駄と思われることをしてこそ、さらなる新しいしあわせが見えてくるのではないでしょうか・・・?




無駄が無駄でなくなるとき、それは”生きた無駄遣い”となるのです・・・。




というわけで、2日目終了。
まだ2日目か、なげぇな・・・。
うん、長い、長い・・・ヽ(´▽`)/
さあ、明日は徳島県と高知県の県境にある超有名な波乗りスポットにレッツゴー!!!


もっともっとしあわせを感じるために。
もっともっとしあわせを感じたいあなたに贈ります・・・。




じゃあ、ね!


あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■





 この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜Vo.5


「イルカに乗った少年になれなくて、
海に立った青年の胸中やいかに・・・」




じつは私・・・、サーファーではなく、ボディボーダーなんです。
あなたは「わざわざ徳島まで行くくらいだから、よほど好きに違いない・・・。」
と思うかもしれません・・・。
そのとおり!


波乗りは大好きです。
しかし、私の場合は7,8,9月の夏限定。
本当に好きな人は1年中海に入っているので、そんな人からすると「ちょっと違うんじゃない?」と言われそうですね・・・。
そのとおり!


あくまでも私にとってボディボードは、海で遊ぶ手段の一つなのです。
おもいっきり海を満喫して、最高に楽しむための道具の一つなのです。
”ボディボードが好きだから海に行くのではなく、海が好きだからボディボードをする”という表現の方が正しいかもしれません。


ようするに、夏の海が大好きなんです!
「あらっ!?ごまかしてる?もしかして・・・、水着のねえちゃんが目当て?」
そのとおり!




ではないですね・・・。
ん〜、たしかにそんな時期もありましたけど・・・。
今は若者が集う、いわゆる海水浴場にはまったく行きませんから・・・。


浮き輪でプカプカ浮いたり、遠泳したり、ひたすら浜辺で日焼けしたり、砂でお城を作ったり、サングラスかけて水着のねえちゃん眺めるたり、強烈な日差しの中でビールを飲みまくるより、波乗りする方が私にとっては楽しい、そういうことなんです。


楽しいにこしたことはありませんからね。
そうでしょ?
でも・・・、どうせ楽しむなら、とことん楽しみたいですよね・・・。
おもいっきり。
心ゆくまで!
となると、行くしかないでしょ!?
はるばる太平洋側まで。
キャッホー!!!


というわけでついにやって来ました、徳島と高知の県境。
いやぁ太平洋ともなると、さすが!看板からして一味違いますね↓↓↓


しあわせに泳げ看板



おぉぉぉ・・・”遊 泳 禁 止”の文字・・・。
なんだかワクワク?ドキドキ?してきます・・・。
とはいえ、私が最終的に行ったのは、この↑生見海岸ではなく、おとなりの”宍喰海岸”というところなんです・・・。
この日、生見海岸ではボディボードの全国大会が開かれてまして、そんな人の多いところでは楽しめないということで・・・。


一般的には生見海岸の方が有名みたいです。
宍喰海岸は知名度としては2番のようですが、もうそんな事どっちでもいい!
とにかくすごいんです!!!

しあわせな宍喰海岸



わおっ!
このあたりの海岸一帯にサーファーが全国から集まってくるのも、わかる気がします・・・。
だって、この波、この波、うぉぉぉ!


サーファーのためにあるような波じゃん!(私はサーファーではありませんが・・・)
参りました、こんな波が存在するなんて。。。
そりゃもう、大はしゃぎですよ!
ウキャ、ウキャ!!!
海はキレイだし、波だって最高級にいい感じ・・・。


ウヒョヒョヒョヒョ!!!
夕方まで波に乗りっぱなし!




3日目終了。(3日目はかなりあっさり切り上げました。)


そして、4日目・・・、ついに・・・、
ジャジャーン!




サーフィンデビュー、イェイイェイ!




というわけで、ついに私もプチサーファー。
もちろん、サーフボードなんて持ってないのでレンタルですよ。
(セミロングを貸してくれました)
ショップに行くと、真っ黒に日焼けした渋いおっちゃんがでてきて


「もう昼になるからちょっと安くしとくよ。」なんていやぁ、渋いです・・・。


そして、




サーフィン初体験・・・。


じつは・・・、初めてサーフィンして、立てたんです・・・。
そして、波にも乗れたんです・・・。
自分でもびっくり、驚きです・・・。


”海の上に立つ!”って、ほんとすごいことですよね・・・。
初めて板の上に立ち、さらに波に乗った瞬間それは、感動以外の何ものでもありませんでした・・・。
ほんと、言葉になりませんでした。
おぉぉぉ、おぉぉ、おお、ぉおぉぉ〜〜〜!!!っとまぁ、こんな感じ。
私は自分を思いっきり褒めました!
はい、私、自分からお褒めの言葉、いただきました!
すごいでしょ?すごいでしょ?
ウキャウキャウキャ!


しかし、私が思うにあれですよ。


”北海道の雪質はまったく違うから、なぜかとってもうまく滑ることができる”のと同じじゃないかと・・・。
”最高級の波があったから、初めてにもかかわらず波に乗れてしまった”
そんなところではないでしょうか・・・。


そうなるとですね・・・、私の中にある疑問が浮かぶわけですよ・・・。




はたして自分は本当に波に乗ったのだろうか?


サーフィンしたのだろうか?


もしかして波に流されただけなのではないだろうか・・・?


もしかしてただの勘違い!?





やっべえ・・・、勘違いだったら本気で恥ずかしい・・・。
しかし答えはショップにボードを返しに行った時、渋いおっちゃんが教えてくれました。


「何回か乗っとったなぁ。
あれはボディボードじゃないな。
サーフィンしとったわ。」



えっ!?見てたの?
うぉぉ〜、ありがとうおっちゃん!
ありがたくその言葉受け取ります。


どうやら私は一応サーフィンしていたみたいです。
ホッ、よかったよかった・・・、勘違いじゃなかったみたいです。




自分だけではわからないことって、たくさんあると思いませんか?
自分では”できた”と思っていても周りの人からすると、”まったくできてない”ことってよくある話ですよね?
今回の私は運良く、いい答えをもらうことができましたが、いつもそうとは限りません。
”自分が正しい、間違ってない”と過剰に思い込んでしまうと、必ず落とし穴が待っているものです。
”勘違い”であり、”一人よがり”であり・・・。
それがさらに発展して、”自己中心的”になり”自分勝手”になり”単なるわがままな人”になっていく・・・。
あぁ、恐ろしい恐ろしい・・・。
他人の意見は本当、大切ですよ。。。
たしかに良いことばかりではないので、不快に思うことも多々あるでしょうけど・・・。


かと言って、強制的に良い答えを求めると、返ってくる言葉は”真実ではない”ことの方が多いのです・・・。
言葉を濁される可能性あり・・・。
これは注意しなければなりません。


たとえば「おれって、イケてる?」と質問したとすると、返ってくる答えは3通り。




@ おう、あんたイケてる!


A ごめん、イケてないわぁ・・・。


B 大丈夫だと思うよ。





当然、
@の答えが返ってくることを期待しているわけです。
自分がイケてるって事を再確認したいんですよ。
しかし、残念ながら返ってくるのは
B「大丈夫だと思うよ。」
ん〜、なんて微妙な答え・・・。


でも、人はたいてい気を遣う&差し障りのない答えを選んでしまうものです・・・。
あなたもそうなのでは・・・?
にもかかわらず!
質問した本人は
@Bを同じ意味で捉えてしまうから、困ったものです。
「勘違い人生まっしぐら」にならないように、注意したいものですね・・・。
(私自身にも言い聞かせてます・・・)




ポロッと出た他人の言葉こそ、真実・・・。
無理矢理いい答えを求めると、真実は闇に消えていくものです・・・。


しあわせだって同じですよ・・・。
人に無理矢理しあわせを求めたって、本当のしあわせはありません。
しあわせは”人に求めるものではない”のです・・・。
まずは自分がしあわせであり続けないと・・・。
そして、もっともっと自分がしあわせを求め続けないと・・・。




自分がしあわせでないのに、誰かをしあわせにすることなんてできませんから・・・。




というわけでさるまりくんは、はたしてサーファーへの道を歩んでゆくのか?
気になるところではありますが、それはまた次の機会ということで。。。


4日目終了。(今回は一気に2日分進みましたが、まだ3日分残ってます、フフッ)


もっともっとしあわせを感じるために。
もっともっとしあわせを感じたいあなたに贈ります・・・。




じゃあ、ね!


あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■





 この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜Vo.6


「小坊主とパンダと100万ドルの夜景が教えてくれた
”チラ見”のしあわせに必要なものとは?」






さて5日目・・・。
四国を後にし神戸に向かう途中のこと、すごいものを発見してしまいました!
そこは徳島県鳴門市。
”四国88ヶ所巡り”って聞いたことあるでしょ?
”おへんろさん”がどうとかこうとかって・・・。
実際に30℃を超える猛暑の中歩いている人を、あちらこちらで見かけましたよ。
こんな格好をして歩いてるいるので、かなり目立つんですよね・・・。



しあわせなアンパンまん



・・・?
嘘じゃないんです!
ほんとにこんな格好してるんですって!
マジです、マジ。。。


さて、四国88ヶ所の寺には、それぞれ1番〜88番までの番号がついています。
親切に道路標識にもわかりやすく、きちんと数字と寺の名前が記されていますからね。
そしてこの日私は、なんと!


偶然にも




1番の寺




を発見してしまったのです!
(っていうか、たまたま通りかかっただけ・・・)


たぶん、35番とか58番とか74番とか、たとえばすごく中途半端な数字なら興味を示さなかったはずですけど、なにせ1番ですからね。
そこで、ちょっと寄道。


いやぁ、さすが88ヶ所のナンバー1!(本来の意味は違いますが・・・)
一味も二味も違います。
なんとも素敵な小坊主がさわやかな笑顔で出迎えてくれました!



しあわせな小坊主



・・・?
すごいでしょ?
由緒正しい四国88ヶ所巡りの1番の寺ですよ?
シビれてしまいました。。。
プルプルプル・・・。
こんな素敵な小坊主には、なかなかお目にかかれるものではありませんからね。
そしてさらに、驚くべき事実が発覚!


この寺はどこまですごいんだ・・・。


なぜゆえに寺にパンダが?


”たれパンダ”ならぬ”てらパンダ”。。。

しあわせな”てらパンダ”

・・・?


というわけで目的地、神戸へ・・・。
神戸は去年の12月にルミナリエを見に行った以来・・・。


そして今日の目的はショッピング・・・。
まずは「ポルトバザール」というアウトレットモールに行きました。


じつは広島に「マリーナホップ」というアウトレットモールみたいなのがあります。
しかし、私からすると
「ん!?これがアウトレット!?いや、違うでしょ!」
と思わず叫んでしまうような場所でして。。。(広島の関係者の方、ごめんなさい。。。)
たとえばデパートのテナントに入っているようなブランドのショップなんてまるでない。。。
どこがアウトレットなのかまったくわからない・・・。
テナントが埋まらなくて、無理やりセレクトショップをつっこんだ結果なのだろうか・・・。
普通のショッピングモールと思えば、別に問題はないけど。。。
アウトレットと思わなければ、たいした問題はないけど。。。


とまぁそんなこんなで、広島のマリーナホップ、どうやら”神戸のアウトレットモールを意識している”と噂で聞いたことがありまして。。。
それならば。。。どれどれ、見てみようかしら・・・。
ってな感じで行ったわけですよ。


ん〜、なるほど!
たしかに雰囲気は似ているから、なんとなくわかる気がします・・・。
が、しかし!
神戸のポルトバザールは正真正銘のアウトレット!でした。


残念ながら広島のマリーナホップは、足元にも及んでません・・・。
テナントに入っているショップが明らかに違います。
まいりました・・・。
こっちの方が断然、まわってて楽しい!
比べるのはなんとも失礼な話でした・・・。
やっぱりアウトレットは、こうでなきゃ。


さて、その次に向かったのは神戸の三宮。
三宮駅周辺をもう、歩いて歩いて歩きまくり!
なるほど、たしかに三宮駅周辺はショッピングにはもってこいです。
かなりいや、相当楽しめました!
やっぱり神戸はいいっす!
何ていうか、街の雰囲気がすごく好き・・・。
日が暮れるまで神戸の街を堪能させていただきました。



そして、夜。


神戸と言えば”100万ドルの夜景”ですよね?


その昔、私が中学生の時の修学旅行で見た六甲山の夜景、すごくきれいだったのを覚えています。
あれから15年、再び六甲山にやってきました・・・。
くねくね道を延々と駆け上がり、ようやく見晴らしのいい公園にたどり着きました。
かなりの夜景スポットらしく、人も多い・・・。
期待を膨らませつつ、神戸を一望できるそのポイントへ。。。




あぁ・・・、眼下に広がる神戸の街。。。
暗闇に光る無数の星たち・・・、なんてロマンティックなのでしょう・・・。
んん・・・、絶句・・・。





と、言いたかった・・・。
でも・・・、言えなかった・・・。
どうしても、自分に嘘はつけなかった・・・。




「あれ?こんなもんだっけ?もっときれいだった気がするけど・・・。」




そう、これが私の本音でした・・・。
そうなんです、感動できなかったんです・・・。
うぅぅ、悲しい・・・。
期待しすぎたのかもしれません。
いや、15年の間にいろんな夜景を見て、目が肥えてしまったのかもしれません。


とにかく、くやしい。。。
とはいえ、このままで終われない・・・。
こんな中途半端では終われない・・・。
これが”100万ドルの夜景”だなんて、納得できない・・・。




そこで私は考えました。
「待てよ?ここは雑誌に紹介されるくらいメジャーな場所だから、本当はもっと他にもマイナーでいい場所があるのではないか?」




私はもっときれいに見えるスペシャルなポイントを探すために、六甲山山頂付近をあちらこちらへと車を走らせました。
真っ暗でくねくねした道を、看板便りに探しまくりました。
10ヶ所近く、ポイントらしき場所に行ったと思います。
が、どこも似たり寄ったり・・・。


人が多いか、少ないかの違いだけで、私の思い描く神戸の”100万ドルの夜景”は残念ながら、ありませんでした・・・。
さすがに見知らぬ土地でポイントを探すことに限界を感じたので、しぶしぶ山道を下りました。
と、その途中のこと。




「あっ!!!」




思わず叫んでしまいました・・・。
木と木と間にチラッと見えた、その光・・・。(チラッと見ることを”チラ見”と言います。)
車を走らせながら、ふと見えた光・・・。
こ、これこそ”100万ドルの夜景”・・・。




ついに、見つけた・・・。




そこは急カーブの道だったので、残念ながら車を止めることもできませんでした。
が、その一瞬見えた景色は紛れもない100万ドルの夜景。。。


胸が高鳴りました、バクバクバク!
こんな危なっかしい道の途中で見えるだなんて、いじわる!
こんなところで止まった日には追突されること間違いなし。
せめて1台分の駐車スペースでもあればいいのに・・・。


あぁ・・・、残念。
もっと見たかった。
もう少し見たかった・・・。


いや、待てよ?




もしかすると一瞬しか見えなかったから、とんでもなく素晴らしい景色に見えたのかもしれない・・・。




んん〜たぶん、そうだ。
ふむふむ・・・、間違いないな。
でも待てよ?
決してそれだけではなかったぞ・・・。


そう、じつにそれだけではなかったのです・・・。
私はきれいな景色を見るためだけに1、2ヶ所ではなく10ヶ所近くまわりました。
初めて通る真っ暗なくねくね道にもかかわらず・・・。
私はその時、とりあえず自分にできる精一杯のことをしました。(ただのドライブという説もありますが・・・)
私はあきらめなかった・・・。


なんて言ってしまうと、すごくおおげさに聞こえてしまうかもしれませんね。。。
たしかに”まわれるところ全部まわったら納得いくからぐるぐる周った”、それだけのことだし・・・。
しかし、それは私にとってすごく重要なことでした。
たとえば1、2ヶ所から眺めて中途半端な気分になりながらも下山したとすれば、おそらくあのチラッと見えた景色はなかったはずです。
気づきもしなかったでしょう。
同じ景色のはずなのに、たぶんそのまま素通りしたことでしょう。
でも私は感動する一瞬の景色に出逢えたのです!


なぜ?


それはおそらく、
「やれるだけのことはやった」から・・・。
だからこそ、なんでもない景色がスペシャルな景色に変わったのではないかと・・・。
そう、あれは他の人からするとたぶん普通の景色でしかないはず・・・。
でも私の心には、はっきりと残っているのです。。。
それは、


やれるだけのことはやった。
でもうまくいかず、あきらめかけたその時!ふとやってくるしあわせ・・・。


コレに他なりません!
やれるだけのことをやらない人には訪れないであろう、しあわせ・・・。
納得できないまま、うやむやに事を終わらせてしまう人には訪れないであろう、しあわせ・・・。




何事もうまくいくとは限りません。
でも「うまくいかないからダメ!」って、そういうことじゃないでしょ?
やれるだけのことをやれば、”苦い思い出”も後になって”いい思い出”になったりするものです。
他人からすると「小さい!」、「ショボい!」ことでもいいんです。


そこに他人の価値観はいりません。
「自分がやれるだけのことはやった、と感じることができるかどうか?」ではないでしょうか・・・?
今回の私の場合、「やれるだけのことはやった。」といっても、じつはかなりの低レベル・・・。
あっ、どうやらバレてるみたいですね・・・。
そりゃそうですよ。
だって、誰にでもできることですから。
くれぐれも私の文章に騙されてはいけません・・・。
小さなことがいつのまにか大きなことにすりかわっていますからね・・・。


5日目終了。(もういい加減に終わりにしようかな・・・、いや、あと2日分がんばるとするか・・・。)


もっともっとしあわせを感じるために。
もっともっとしあわせを感じたいあなたに贈ります・・・。




じゃあ、ね!


あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■





 この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜Vo.7


「○○にお金を使える人間だけが知っている、
生涯変わることのない極上のしあわせとは?」






さて6日目は大阪!
心斎橋あたりを散策しました!
しかしまぁ、観光客の多いこと多いこと・・・。
かの有名な”くいだおれ人形”の前は、常に人だかり・・・。
次から次へと写真をパシャパシャ、そりゃもうすごい人の数・・・。
みなさん家族連れやら何やらで、大阪にいったい何しに来てるんだろう・・・?


えっ?
私は何しに行ったのかって?


それは・・・、




たこ焼き&ラーメン




を食べに行きました!
たこ焼きは絶品!
ここじゃなきゃ食べることのできない味ですね。
でもラーメンは、・・・。
どうやら、ちょっと好みが違ったみたい・・・。
普段しょうゆ豚骨などの濃いラーメンを食べるので、さっぱり系うす味のラーメンは何だか物足りませんでした。
大阪の人と観光客が入り混じって店の外に並んでいる光景は、何とも奇妙な絵でしたよ・・・。


そして大阪でもやっぱり、ショッピング。
歩いて歩いて歩きまくりなのに、疲れ知らずな私・・・。
自分でも感心するくらい歩き続けてる・・・。


そして最後にたどり着いたのは、かの有名な”アメリカ村”。
やっぱりココはすごい!
完全に異国の地ですね。
まぁ、海外というよりは宇宙?


とにかく、あり得ない格好をした人達がたくさんいるんです・・・。
大阪の人からすると普通なのかもしれないけど、私にとってはやはり一種のカルチャーショックですね・・・。
まぁ、それがアメリカ村の魅力なんですけど。。。


そんな大賑わいの大阪をあとに、向かったのは鳥取・・・。
その前に!
「危ないから気をつけて!それに迷うから気をつけたほうがいいよ!」
と聞かされていた「環状線」に乗ることに・・・。
大阪を抜け出すには一番手っ取り早いみたいだし。。。


さあ、意を決していざ環状線へ!




ウォォォ〜〜〜やべぇ!!!


ぐぉぉぉぉ!!!


ぎぇぇぇぇぇ!!!


これこそ、まさにゲームセンター!




ゲームセンターに必ず置いてある車のアレですよ。
シートに座りハンドル握ってアクセル踏んで、ひたすらゴールを目指す、まさしくあのゲーム。。。
バーチャル空間のようで、じつはめちゃめちゃリアル・・・。
一瞬の判断力と決断力、そして適度な緊張感の中で進んでいくのはいいんですけど、とにかく危険!
まず、スピードが落とせない。
なぜかって、




誰もスピードを落としてくれない!




だからそのままのスピードで行くしかないんです・・・。


他県ナンバーだと余計に心細いし。。。
そんなこと言ったところで、どうにもならない状況だし・・・。
地名の標識が見えたかと思えばすぐに車線変更しないと、別方面に行ってしまうんですよ。
一瞬の迷いがすべてを狂わせる。。。
一車線でも間違えると全然違う方面へ行ってしまうのだから、もうたいへん!
全神経を集中させて3、4回車線を変更したでしょうか・・・。


環状線を通り抜けた時は拍手、拍手ですよ!
パチパチパチぱちぱちぱち!
安堵感と脱力感で一時ぐったりするものの、気を取り直していざ鳥取へ。




少々迷いながらも、お友達の家に到着。
大阪に長居しすぎて到着予定時刻をはるかにオーバーしてしまったものの、暖かく出迎えてくれました。
んん〜、本人が”家だけはかなりデカい”と言ってたが、ほんとにデカい・・・。
この家の大きさなら1階だけでも十分なのに、さらに2階まであるなんて・・・。
す、すごい・・・。


贅沢な食事まで用意してくれてほんと、ありがとう。
何が贅沢って、さっき畑でとってきた野菜がいろいろ形を変えてテーブルに並ぶわけですよ。
”1日前に収穫した、とれたて野菜”ではないんです。
”30分前に収穫した、本物のとれたて野菜”なんですよ!
味が違う!
これ、ほんと・・・。


旅の間はどうしても外食三昧になってしまうので、余計に野菜のおいしさが身にしみました・・・。
あぁ、しあわせ・・・。


睡眠もほどほどについに7日目、旅の最終日を迎えました。
鳥取と言えば、鳥取砂丘でしょう。。。
そりゃ行くしかありません。
ある


重要な目的を


果たすために・・・。




それは・・・、




「ダンボールで砂丘を滑り降りる!」




私、マジです・・・。


「ダンボールで砂丘の上から下まで一気に滑り降りたら楽しいだろうなぁ・・・。」


そんなふうに考える人はけっこうたくさんいるはず・・・。
でも、本当にダンボール持って行く人はほとんどいないでしょう・・・。
そこに目をつけたのです、フフッ・・・。
雪の斜面で”そり”で滑り降りるのと同じ要領なわけですよ。
想像するだけでワクワクしてきます・・・。


いやぁ、鳥取砂丘ってさすがに広いですね・・・。
”砂の丘”と言うだけあって、ほんとにまさしく砂の丘・・・。



しあわせな鳥取砂丘



と、遠い・・・。
丘の上に登るまでが、かなり大変・・・。
一歩進むたびに足が砂にズブズブと埋まるわけですから。
「ここは砂漠か?」と思ってしまうくらい、遠く感じます・・・。
うだるような暑さで幻覚が見えてしまいそうなほど。。。
真夏の太陽がギラギラ照りつける中、ついに!
丘の上に立ったわけですよ・・・。


眼下に広がる青い海・・・。
吹き荒れる強風・・・。
そして、


ダンボールを脇に抱え、丘の上に立つ私・・・。


その時の私は、眩しいほどに自信に満ち溢れ光り輝いていたと思われます・・・。
ピカピカッ!


当然、周囲の人達は興味深々の目で私の方を見ています。
みなさん、後悔しているような目をしてましたよ。


「あぁ・・・、自分もダンボール持ってくればよかった・・・、悔しい・・・。」


わかります、わかります。
そりゃそうでしょうね。
「ヒ〜ッヒッヒッ!後悔しても遅いぜ。。。ヒ〜ッヒッヒッ!」


「にいちゃん、ええもん持っとるなぁ。」と声をかけてくるおっちゃんもいました。


「まあね!」
自信満々な私。。。


さあ私、注目の的です。
「ヘッヘ〜ン!どうだ!羨ましい?これからおれ、めちゃくちゃ楽しいことするぜぃ!」
そう、心の中で叫びました。
どきどき・・・。
さぁ一気に滑り降りるぜぃ!


エイヤァーー!!!






ん!?
あれっ?
す、滑らない・・・。
マジで?うそだろ?




「勢いが足りないのかな?それならヘッドスライディングだぁ!!!ウォォォォ〜!!!」




って、やっぱり進まない・・・。
とほほ・・・。
どうやら砂は柔らか過ぎて、滑らないらしい・・・。


「あぁぁぁ・・・、全部ぶち壊しだぁ・・・。あぁ、待って!そんな冷たい目で見ないで・・・。」


期待を裏切られた周囲の人たちの視線が、痛いほど突き刺さってきたのは言うまでもありません。。。
うぅぅぅぅ・・・。


が、しかし!
そんなことくらいでしょんぼりするような私ではありません!
それはそれで楽しかったし・・・。
負け惜しみではありませんよ。


それに
「砂丘をダンボールで滑り降りることはできない!」という事実が判明したわけですから・・・。
考えたことを実行したからこそ、わかったことです。
行動しなかったら、わからなかったことです。
”経験がモノをいう”
まさにそれですね。
経験値ワンランクアップ!
でも・・・、なかなか思っていることを行動に移せない人って、案外多いみたいですね・・・。




”やる前から何やかんや理由をつけて結局やってない”ことってあなたには、ありませんか・・・?





それって、なぜやる前からダメって思うんですか?


なぜやってみないんですか?


周囲の目が気になりますか?


なぜ”その気”になれないんですか・・・?




あっ、もしかしてお金がかかるから・・・?
んん〜、たしかにお金の問題が絡むと難しいことってたくさんあります。
でもじつは”問題はお金ではない”ことの方が、はるかに多いんですよね・・・。
たとえば100万、200万、300万、400万、500万・・・、自分の欲しい車を購入するためのお金は惜しまない方、結構いますよね?
「金がない。」と言いながらも・・・。
3年、いや5年経てばまた別の新しい車に乗り換えるというのに。。。


実際のところ、一時的な財産でしかないのに・・・。
でも、なぜか車だと100万、200万、300万、400万、500万の出費は仕方ないと思えてしまう・・・。
不思議だと思いませんか?
もしかして車業界が長年に渡って仕掛けてきた巧妙な罠?うそうそ。


単純に100万円のお金って、普通に考えるとけっこうなお金ですよね?
にもかかわらず!
「車の100万円は安い!」と感じてしまうあたりが、すでに麻痺している証拠・・・。
お金の価値が混乱状態・・・。
ほんと、不思議です。




車の”んー百万円”は払えるけど、自分のしてみたいことにかかる”んー千円、んー万円”は払えない・・・。




いやぁ、参りました・・・。
だって本来100万円あれば、楽しいことたっくさんできると思いませんか?
かなり無茶なことだって、できるはず・・・。
充分すぎるほどの金額ですよ。


これだけあれば自分がやってみたいことの1つや2つ、できないはずがない!




そうでしょ?
でも、しない。。。
やらない。。。
できない。。。
だよね。。。




違いますか?
物を買うための”んー百万円”は出せても、自分が楽しむためのんー千円、んー万円は出せない・・・。
目に見えないものにお金は出せない・・・?
それでもあなたは、”自分はもっともっとしあわせになれる”と信じている・・・?
楽しい人生が待ってる?
ほんとに!?


うぉぉぉぉ〜〜〜!!!そんなバカな!?
無理、無理、無理!
そんなことでは、今よりもっともっとしあわせになることなんて夢のまた夢・・・。
いつまでたっても変われない・・・、いや変わらない・・・。
良くも悪くも現状維持・・・。
そして”気が付けば、いつのまにか歳だけとってた”なんてこともおおいにありえる・・・。
あぁぁぁ、恐ろしい恐ろしい・・・。




なぜ、こんなにもエラそうなことが言えるのかって?
それは・・・、


私もかつて
”してみたいことにお金を使えない”人間だったから・・・。




「やってみようとは思うんだけどねぇ・・・。」


「やりたいんだけど、なかなかねぇ・・・。」


「いつかやるつもりなんだけどねぇ・・・。」


こんなふうにいつも何かしら”言い訳”している、つまらない人間でした・・・。
だからこそ、わかるんですよ。
そのつまらない価値観をぶっ壊すことによって生まれるしあわせが、どれほど素晴らしいものなのかが・・・。




☆.:*:゜☆.:*:゜☆.:*:'☆.:*:゜☆.:*:゜☆.:*:'☆.:*:゜☆.:*:゜☆




そうそう、そう言えば鳥取砂丘に行ったあと、旅の最後を締めくくったのは”白兎海岸”というところ・・・。
せっかくだから、やっぱり最後は海で。
しかしこの海岸、波が高いと聞いていたのですが、なるほど。。。
確かに高い・・・。


しかし、いろんな方向から波が来てあまりにも不規則でかつ変則的な波だったため、私は完全に船酔い状態・・・。


グロッキー寸前。


さすがに体が悲鳴を上げていたのかもしれません。
砂浜で横になったものの気づいたら、夕方になってました・・・。


それから家までの道のりが長いこと、長いこと・・・。
何度、睡魔が襲ってきたことか・・・。
起きては進み、起きては進み・・・。
結局、家にたどり着いたのは暗闇がボーッと白くなり始めるAM5:00でした。。。
いやぁまいった、まいった・・・。




さて、7回に渡ってお送りした、
この度再びまた旅ナビ〜ススメさすらい旅情編〜Vo.1→Vo.7いかがだったでしょうか・・・?


今回の旅、それは最高の旅でした!
ただ、次の旅を終えた時には同じように”最高の旅だった”と言うでしょうけど・・・。


最後に・・・、私からの告白・・・。
私がこんなに楽しく旅ができたのには理由があります。
いや、旅に限ったことではありません。
私がこんなに楽しく過ごしているのには、きちんとした理由があります。
それは「お金がある、ない」ではありません!
お金があってもつまらない人、いくらでもいますからね。。。
何だと思いますか?




答えを言いましょう。
私がとってもとっても楽しく過ごせるのは・・・、




時間にお金を使う!
からです。




さあどういう事でしょうか・・・?
これがどういうことかは、あなた自身で考えてみてください。
くれぐれも金額の大小ではありませんので、注意してくださいね。




ヒント{おいしい焼肉そのものにお金を使うか、焼肉を食べて「あぁ〜、おいしい」と感じる、そのしあわせな時間にお金を使うか}




というわけで長かった旅のお話もこれにて終了。




もっともっとしあわせを感じるために。
もっともっとしあわせを感じたいあなたに贈りました・・・。




じゃあ、ね!


    

あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■