時間を追う者、追われる者〜ルパン3世に学ぶ〜


               



毎日、時間に追われて悪戦苦闘している世の中の皆々様、本当にお疲れ様です。
忙しそうですね・・・。


たいへんそうですね・・・。


辛そうですね・・・。


無理してますね・・・。




でも泣き言なんか言ってられませんよね?


厳しい世の中になってしまったものです・・・。
時間に追われるのは仕方ありませんが、体には充分、気をつけてくださいね。
壊してからでは遅いですよ。
自分の体は自分が一番よくわかっているはずですからね。


ところであなたの場合、どんな時間に追われているのですか?




ひとりになれる時間?


思いっきり眠りたいだけ眠る時間?


ぼ〜っとする時間?


趣味を堪能する時間?


友達と遊ぶ時間?


恋人といる時間?


家族といる時間?


どれもあてはまりませんね・・・。
というより完全に逆なはずですよ。
当然です。
これらはあなたにとって心地よく感じる時間のはずですから。
心地よく過ごしている時間に”追われる”ことはありません。
ようするに、イイ気分になれる時間がないということですよね?


ひとりになれる時間がない。


思いっきり眠りたいだけ眠る時間がない。


ぼ〜っとする時間なんてとんでもない。


趣味を堪能する時間なんてあるわけもなく。


友達と遊ぶ時間があるわけもない。


恋人といる時間がない。


家族といる時間がない。




何が楽しくて毎日を過ごしているんでしょう・・・。
結局のところ、
”時間に追われる”と言えばカッコよく聞こえるけど”仕事”に追われてるだけでしょ?




し・ご・と・に。




あ〜つまんない、つまんない。
同じ”追われる”でも銭形警部に追われるルパンはなんて楽しそうなんでしょう。
いきなりアニメの世界に突入してしまいましたが、あなたとルパン、何が違うかわかりますか?
「アニメと現実を一緒にするな。」
と思っているあなたは、あ〜つまんない。
だから仕事に追われる、つまらない日々を送っているんですよ。


じつは、ルパンには
何十年も変わらない目的があるんですよ・・・。
あなたもご存知のとおり、、”次の宝物を盗む”という目的が・・・。
あなたには
何十年も変わらない目的がありますか?
あるとしたら時間に追われるという感覚はないはずなんです。
いつまでも変わらない目的を持ってないから時間に、いや仕事に追われてしまうんです・・・。
忙しいときほど忘れがちになってしまいますが生きていくうえで、仕事が目的ではないはずですよ。
仕事はあくまでも手段ですからね。
楽しいことするための、楽しいと感じるための手段ですからね。
忘れちゃだめですよ。
忘れると時間に追われることになってしまいますからね・・・。


さあ、ここらへんでいっちょ、逆に考えてみましょうか?
”時間を追う”んですよ・・・。
ようするに、銭形警部になるんです・・・。
銭形のとっつぁんの目的は何だと思いますか?
わかりきったことです。
「ルパンを逮捕すること」ですよ。
でもですね、追いかけては逃げられ、捕まえては逃げられ・・・ずっと同じことばかり繰り返しているんです。
何十年も変わっていません。
しかし、あなたにも思い当たる節があるのではないでしょうか?


追いかけては逃げられ、捕まえては逃げていくもの・・・


思い出しましたか?




(@_@)




そう、それが・・・”しあわせ”ですよ。
追いついた瞬間に引き離され、捕まえた瞬間にこぼれ落ちていく・・・それが




”しあわせ”ではないですか?




何十年も変わらない目的・・・あなたにとって、それは”しあわせ”であるべきなんです!
抽象的で漠然としていますが、あなたには伝わってますよね?


私達はその瞬間をもっともっと感じるために存在しているんです!
より多くのしあわせを感じるために生きているんです!
そう思っているんですが、言い過ぎでしょうか・・・?
あなたも私も立派な「しあわせハンター」ですからね・・・。
あっ、さむい・・・。


不思議ですよね。
同じ”時間”なのに”仕事”と”しあわせ”、まったく別ものに置きかえられるなんて・・・。
意識しないなら、いつまでも時間に追われることになるでしょう。
意識しないと、時間を追うことはできません。
ただ、どちらがワクワクするか、あなたにはわかるはずです。


あなたはどちらを選びますか?


それでもあなたは時間に追われますか?


それとも時間を追いますか・・・?





じゃあ、ね!




    

    

よろしければ、あなたの感想・ご意見を聞かせてもらえませんか?

よろしくお願いします!

■しあわせなご意見、感想、コメント、メッセージはコチラから

お気軽にどうぞ。。。■